サポート料金

米子相続サポートセンターの料金への考え方

米子相続サポートセンターのサポート料金を表記しています。
相続はお客様の事情によりそれぞれやるべき項目が異なります。
だからといって、料金が不明瞭ではお客様のほうでも敷居も高く感じてしまうでしょうし、何より不安であると存じます。

私達がサポートできることがありましたら、サポート内容を明確にするとともにご提案の際に費用も明確にご案内します。
そちらをご覧頂き、ご納得いただけましたらご契約となりますので、どうぞ安心して聞いていただきたいと思っております。

サポート料金

個別サポートメニュー 相続財産
2,000万円未満
相続財産
6,000万円未満
相続財産
6,000万円以上
・相続手続に関する相談
・相続スケジュールの提示
・相続税額の概算見積り
無料 無料 無料
相続人調査(戸籍収集)相続人4名まで
相続人1人追加ごとに10,000円(税抜)
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 50,000円(税抜)
・相続財産の調査
(不動産・預貯金・その他)
※土地評価・未上場株式は別途
40,000円(税抜) 60,000円(税抜) 個別お見積り
・必要書類の作成 30,000円(税抜) 50,000円(税抜) 個別お見積り

(注)戸籍謄本・登記印紙代などの実費は別途ご請求させていただきます。
相続登記は提携司法書士をご紹介することができます。
相続登記にかかる費用(司法書士報酬・登録免許税等)はお見積りの上、別途ご請求となります。

「相続人調査」とは…

相続が発生したら亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍を取得し、「法定相続人」を確定する必要があります。亡くなられた方の財産の処遇を決定するためには、権利を有する法定相続人全員の合意に基づいて手続をするためです。この作業を「相続人調査」又は「戸籍収集」といいます。

一般に「相続人調査」が「煩雑でわかりにくい」といわれる理由には次のようなことがあげられます。

1.本籍地取得
戸籍は本籍地で取得する必要があるため、本籍地のある市区町村役場に出向いて取得します(郵送対応可)。転居等で本籍地を移している場合は、その数だけ戸籍も必要になります。
2.複数の様式
戸籍法の改正により、戸籍の様式にはいくつかの種類があります。一般に亡くなられた方がご高齢の場合は、戸籍の数も多くなる傾向があります。

米子相続サポートセンターでは、金融機関の「凍結口座の名義変更」や不動産を引継ぐ場合の「相続登記」等、相続手続に必要な「相続人調査」をお手伝いさせていただいております。

Copyright(c) 2013 米子相続サポートセンター All Rights Reserved.