相続税

相続税とは

相続税とは、被相続人(死亡した人)の死亡により、被相続人の親族等(相続人)が相続で取得する財産に対して課税される税金です。
遺言書によって譲りうけた財産についても相続税が課税されます。

相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日(通常は、亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の死亡時における住所地を管轄する税務署に対しておこなわなければなりません。
申告の期限までに申告しなかった場合には、本来の税金以外に加算税・延滞税がかかりますので注意が必要です。

相続税の評価

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。
では、相続税がどのように算出されるのか、
いったいいくらの相続税が掛かるのかを把握しましょう。

相続税対策の3つの視点

相続税の対策は大きく3つあります。
相続税をどうやって納税するか、の納税対策。
相続税をいかに節税するか、の節税対策。
親族間でもめないようにする、分割・もめない対策。
》詳しくはこちら

Copyright(c) 2013 米子相続サポートセンター All Rights Reserved.